0120-8383-03
menu
HISTORY
私たちの歴史

富士見養蜂園は昭和39年に創業以来、半世紀以上の長きに渡り、ご愛顧いただいております。

長い年月の間に、社会の変化とともに、私たちにも様々な出来事がありましたが、その中から主だったものをご紹介します。

自然の恩恵との出会い、そして創業

富士見養蜂園創業者、角田汎造は元プロボクサーでした。
ボクサーである汎造が蜂蜜に興味を持ったのはボクシングでの減量体験が始まりでした。 蜂蜜が体力の回復にとても効果的であるということを知り、当時から減量中に使用していたのです。

ボクサー引退後、彼はその知見をもとに、多くの人の健康を願い、プロポリスをはじめとする健康食品事業をはじめました。

その後、超臨界抽出などの技術を開発。その技術をもって優れた製品を世に送り出してきました。

蜂蜜は自然の恩恵により作られた健康食品です。
ローヤルゼリー、プロポリス、さらに霊芝、アガリクスなどの健康に役立つ商品の製造や販売の事業をこれからも続けてまいります。

会社沿革

昭和39年
2月
創業者角田汎造が東京都板橋区において角田商会開業
昭和40年
ハチミツ精製加工開始
昭和42年
ローヤルゼリーの研究開始
昭和52年
10月
「富士見産業株式会社」設立
ハチミツ研究棟竣工
プロポリスの研究開始
昭和56年
11月
「株式会社富士見養蜂園」に改称
本社ビル建設
12月
自社生ローヤルゼリー商品ラインアップ
全国ローヤルゼリー公正取引協議会入会
昭和57年
10月
自社精製ハチミツ商品ラインアップ
昭和58年
超臨界プロポリスの研究開発開始
昭和62年
1月
第一工場 セットアップ工場 竣工
OEM製造開始
8月
日本プロポリス協議会発足 会員加盟
平成2年
超臨界抽出プロポリスを研究開発製品化
平成3年
8月
超臨界抽出プロポリス技術の特許取得
平成10年
11月
ゴマ種超臨界抽出またゴマフレーバーの製造法特許取得
平成14年
8月
第二工場 顆粒工場 竣工
平成17年
12月
日本超臨界食品協会 発足
角田汎造会長が日本超臨界食品協会会長就任
平成22年
超高圧プロポリス研究・開発・生産
令和2年
12月
第一工場改装 事務棟改装
令和3年
2月
角田陽介 代表取締役社長就任